ヨラドッグフード・昆虫食が愛犬食物アレルギーに解決

お肉・グルテンが苦手な愛犬へ!昆虫フードという新提案【ヨラドッグフード】

ヨラドッグフードの昆虫食

大切な家族である愛犬に「昆虫」を栄養素としたドッグフードを与えて大丈夫なのだろう?と心配される方も多いかと思いますのでヨラドッグフードの事について調べてみました。

・昆虫タンパクのメリット
ヨラドッグフードには昆虫から得る単一のタンパクを採用してます。昆虫のタンパクは肉類から得るタンパクと比べ消化器系に対し低刺激でアレルギーにもなりにくいです。

しかも昆虫は一般的な家畜に有りがちな「成長ホルモン」や「抗生物質」の投与、過剰に餌を与え続ける事をしないため、安全で安心です。

昆虫にはタンパクだけでは無く食物繊維を始め、亜鉛・鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラル・リン・ラウリン酸など多くの栄養を含んでいるのです。

細かく砕いているのでヨラドッグフードの粒に昆虫の姿がわかる心配はありません。

・食欲不振の原因に多いアレルギー
ドッグフードは犬達の味覚好みに合うように研究され、栄養素もしっかりしてる事が殆ですが、それでも愛犬の食欲が急になくなる事が有ります。

アレルギーは「食物過敏症」とも呼ばれ、牛や羊や鶏などの肉類、卵や乳製品、大豆や小麦などの穀物類などの一部に体内で過剰反応を起こしてしまい皮膚症状や消化器症状など様々な症状の原因です。

ヨラドッグフードは肉類を使わず高タンパクを実現、香辛料や着色料などの人口添加物使用してないので安全、それで居て犬達の食いつき良さに定評があります♪

ヨラドッグフードにの事詳しくは
▼公式ページをチェック▼


お肉・穀物が苦手な愛犬へ!ヨラドッグフード

危険なドックフードに付いて

大切な家族への食事だから、単に食いつきが良いとかコスパが良いとかだけで無く危険な人工添加物の入ってないドッグフードを選びたいです。

・ドグフードに使われる人口添加物には「酸化防止剤」「着色料」「甘味料」があります。

酸化防止剤はドッグフードを長持ちさせるために使われ主に「エトキシキン」「ブチルヒドロキシアニソール」「ジブチルヒドロキシトルエン」などがあり人が食べる食材には使われる事はなく犬への副作用として【皮膚炎】【アレルギー】【発ガン】の恐れのある危険な添加物です。

着色料は飼い主さんからよく見えるだけで犬にはわからない着色です。「赤色3号」「赤色40号」「赤色102号」「赤色105号」「青色2号」などあり一般的に「かまぼこ」「ソーセージ」「缶詰のサクランボ」「清涼飲料水」「ガム」「キャンディ」など人の食材ににも幅広く使われていますが犬への副作用として【アレルギー】【発ガン】【けいれん】などの恐れのある危険な添加物です。

甘味料は「ソルビトール」「キシリトール」「グリシリジン・アンモニエート」「ビートパルプ」「コーンシロップ」など一般的にダイエット食品や低カロリー食品として使われている添加物で、犬にとっても美味しく感じられ食いつきが良くなります。しかし犬への副作用として【糖尿病】【便秘】などの恐れがあります。 

このように人工添加物を使用することで一見魅力的なドックフードになりますが、長い目で見たら愛犬の健康を害するドッグフードでもあるのです…

ヨラドッグフードは添加物を使わない安心ドッグフードです
▼公式ページをチェック▼


お肉・穀物が苦手な愛犬へ!!【添加物不使用】

ドックフードのアレルギー

ドッグフード食材によるアレルギーについて調べてみました。

・ドッグフードに含まれてる穀物
大麦や小麦やトウモロコシや豆類などいわゆる「穀物」は炭水化物の摂取の為に世界中で食べられてる食材です。コスパが良く栄養価満点でドッグフードに最良な食材と考えがちですが、犬達にとって穀物は危険と隣り合わせの食材なのです。

・穀物がアレルギーの原因に
飼い主が愛犬のアレルギー症状に気が付くのは症状が進んで来てから、アレルギー症状には「様々な箇所の痒み」「肌荒れや脱毛」「嘔吐や下痢」などあって、穀物に含まれてる「アレルゲン物質」に対する過剰反応が原因の場合があります。

その他にも穀物を多く含んだドッグフードを食べ続けると「消化不良」や「肥満太り」になってしまう事もあるのです。

犬は一応雑食ですが、歯の形を見てもわかるよう人間と比べ肉食寄りなので健康で長生きの為には動物性タンパクを多く必要とするのです。


お肉・穀物が苦手な愛犬へ!!新提案

ドックフード昆虫食について

犬は人と同じ様な食事を好むのでドッグフードに使われる食材は牛肉や穀物などと自然に思いがちで「昆虫食」と聞くと、製造コストの削減の為に、人の都合で愛犬に変なものを食べさせる。

と敬遠したくなる気持になりがちで、その事もよくわかります。

しかし元々犬や猫は、鳥や小動物だけでなく昆虫やカニやエビなどの甲殻類を食してタンパク源としてます。
逆に猫や犬が、馬や牛に食らいつく事の方が少ないわけです。

人の食生活に置き換えると、東南アジアでは多くの昆虫が食べられ日本でも蜂の子やイナゴなど昔から食べています。

・アメリカでクローズアップ
2014年に発売し話題になったEXOプロテインバーは「コオロギ」を材料としてるもので、コオロギはタンパク質と脂肪のバランスがとても良い食材として、人の食卓にどんどん並んできます。

もともとのタンパク源だった牛や豚や鳥に変わろうとしてる理由は、いくつかあります。

コオロギの飼育に必要なエサは10分の1で良く水に関しては2,000分の1、その為効率よく成長させるために遺伝子操作なども不要となり当然広大な敷地を用意する必要もありません。

そして食材として加工する過程において昆虫は哺乳動物と比べて労力が掛かりません。

この様に人の食材として注目されつつある昆虫を高級ペットフードの材料として使用され始めた事はとても自然の流れだと思います。

ヨラドッグフード・昆虫食詳しくは
▼公式ページをチェック▼


昆虫フードという新提案【ヨラドッグフード】

ヨラドッグフードの口コミ

ヨラドッグフードを実際に愛犬に食べさせてる飼い主さんの口コミなどを調べてみました。

・アレルギー症状が改善?
5歳を過ぎてからお腹の具合が良くないのか、うんちの様子が気になってました。病院に連れて行こうかとも考えたけどもしかしたらドッグフードの成分によるアレルギーなのかもと思いヨラフードを試してみる事に。本当にアレルギーだったのか調子も良さそうで安心してます。

・市販のドッグフードに不安
いままでは気兼ねなしにホームセンターでドッグフードを買って与えてたけど、人口添加物の怖さをネット口コミでしって最近に気なってた涙やけの原因なのかもと不安になりました。ヨラドッグフードの事を知ったのもネットからで正直昆虫食に抵抗はあったけど口コミ評判が良かったのと、見た目や味に心配なさそうなので食べさせてみました。涙やけが良くなってきた気がしてます♪

・おいしそうに食べてくれてる
愛犬が健康でいつまでも元気でいて欲しいけど僕目線、やっぱり愛犬自身が毎日を充実してると感じてほしいっておもう。このドッグフードに変えてから、以前よりおいしそうに食べてくれるので見てて嬉しくなります。

・家族を迎えるタイミングに
犬を飼うのは3回目今まドッグフードは近所で買ってたけど、今回は大事に寄り添いたいと思ったのでネットで良い物を探してみようと思った矢先に見つけたのがこのドッグフード、ネット口コミだと食いつきがよさそうで、昆虫食ってドッグフードだけに収まらない期待が有るみたいなので、迷わなかったです。近所に動物病院増えたけど、少しでもお世話にならないようにしたいです。

・アレルギーの辛さは分る
私自身、花粉症に始まりいくつかのアレルギーをもってます。若いときはそんなのなかったけど年を重ねるといろいろ出てきました。そう考えるたら4歳になるウチの子の事も心配になり、ドッグフードの成分も気にするようになりました。ドッグフードってどれも同じだと思ってたけど、細かく成分を比べてみるとびっくり。たいせつな家族の為に気を付け用と思ったの同時に良いドッグフードに出会えるきっかけになれてよかった。

ヨラドッグフード・昆虫食詳しくは
▼公式ページをチェック▼


お肉・グルテンが苦手な愛犬へ!昆虫フードという新提案

[PR]話題のカリカリマシーンspの画質・スマホで撮るのと…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする